加齢により衰え続ける男性機能ですが、いつまでも現役で頑張りたいという方へ向けて当サイトでは男性昨日の回復方法について様々な観点から記事を更新していきます!運動、睡眠、減酒など様々な方法がありますので要チェックです!

運動している中年男性
  • ホーム
  • 男性機能回復と睡眠時間との関係

男性機能回復と睡眠時間との関係

OKサインを出す男性

睡眠不足が男性機能を促進することは医学的にも証明されています。
医療機関ではEDの検査を受けるときに、簡単な問診を行います。
医師の質問に答えていくだけで、EDの原因がわかるのです。
ほとんどの原因は生活習慣、メンタルに関するものです。
睡眠不足はストレスの原因となりますし、男性ホルモンの分泌減少にもつながります。
日本人は世界的に見ても睡眠時間が少ないため、EDの発症率が高くなっているのです。

睡眠時間は7時間台~8時間台が好ましいとされています。
8時間程度眠ることができれば、男性機能の低下を避けることができます。
7時間だと少々足りないので、あと30分は確保するように工夫しましょう。
身体を癒すためには睡眠が欠かせないのです。
睡眠をすると疲労・ストレスが解消し、気持ちがリフレッシュするでしょう。
朝の目覚めがよいと、一日を活力十分な状態でむかえることができます。
人間は起きている以上、疲労やストレスを少なからず溜めています。
一日の活動時間が多いほど、より多くの睡眠が必要になります。
活動時間が多くて、睡眠時間が少ないという状況が一番いけません。

男性機能回復のためには、早寝早起きを意識しましょう。
睡眠時間を確保するために一番よいのは早く寝ることなのです。
気持ちに余裕を持って床に入ることができますし、より多くの睡眠時間を確保できます。
就寝時刻が遅い方は、自分でも無意識のうちに気持ちが焦り始めます。
何より深夜を回ってしまうと覚醒作用が強くなり、眠気が飛んでしまうのです。
男性機能をアップさせるためには、夜9~10時くらいに眠るのが好ましいです。
早く眠れば朝早く起きても、十分な睡眠時間を確保できます。
リラックスして入眠するためにも、早寝早起きが大切なのです。

関連記事